医療保険の相談は保険のビュッフェがおすすめ!実際に相談した感想

医療保険の相談は保険のビュッフェがおすすめ!実際に相談した感想

医療保険についてはファイナンシャルプランナーの間でも「不要論」と「必要論」とで意見が2極化しています。

 

私は今回、終身保険に加入しましたが医療保険が必要な人もいます。それを見極める為や、より安くて良い保険が見つかる場合もあるので相談してみる価値は十分にあると思います。

 

何より、今自分が入っている保険内容は見直した方が良いですよ?私は独身時代に入った自分の保険に死亡保障が100万円しか付いてなくて妻と失笑しましたw

 

 

 

 

保険のビュッフェのFPが教えてくれた医療保管が「必要な人」・「いらない人」

医療保険が必要な人

  • 計画的に貯金できない人
  • 入院時にお金であれこれ不安になってしまう人
  • 子供がまだ小さい人
  • 自営業の人
  • 万が一の時に高額な先進医療を受けたい人
  • 老後の資金はきちんととっておきたい人

 

医療保険がいらない人

  • 十分な貯金がある人
  • 社保など、会社の福利厚生が充実している人
  • 先進医療を切り捨てられる人

 

上記は、私を担当してくれたFPの方が教えてくれた「医療保険が必要な人」と「いらない人」を大きく分ける時の項目です。

 

上記だけを見ると、子供が生まれたばかりで自営業の私は医療保険が必要な人に入るんですが、私は医療保険をやめて終身保険にしました。

 

その理由については、少し長くなりますが下記をご覧頂ければと思います。

 

私が保険のビュッフェで相談して医療保険ではなく、終身保険に加入した理由

私が医療保険ではなく終身保険を選んだ理由

  • 急な医療費は国の制度を使えば支払い可能
  • 医療保険や特約にお金を使うなら死亡保障を厚くしたい
  • 終身保険なら保険を使わなければ解約時期によっては支払った額より多くなって戻ってくる(掛け捨てじゃない)
  • 払込期間以降は支払いをせずに契約を続けることができる
  • 戻ってくる分を円や外貨で運用できる。
  • 税金対策にもなる

 

医療保険が必要な人・いらない人の説明は初回の面談時に担当FP(Nさん)が教えてくれました。また、それと合わせて次のことも教えてくれました。

 

日本って保険制度が充実しているので100万円の医療費がかかったとしても実際に支払うのは3割(国保の私の場合)負担です。

 

でも国保社保に入っている人なら「高額療養費」という制度を使うことができて、この制度を使うと所得によって100万円かかったとしても出費は約9万円(私の場合)になるんです。

 

これは所得によって自己負担額が変わってくるのでもっと安く済む場合もあります。

 

所得に応じて発生した医療費に対して1回の自己負担額に上限があるということですね。

 

なので、ある程度貯蓄がある人なら掛け捨てで医療保険に入らなくても十分医療費を支払うことができます。

 

それに心配なら、終身保険に特約で入院費用なんかを付けることも可能ってことでした。

 

なので、私は結局特約も付けずに終身保険に加入しました。無駄に保険料をあげるよりも死亡保障を厚くしたいと思った為です。

 

また、銀行に預けていてもマイナスになってしまう中、保険や解約時期にもよりますが110%以上になって戻ってくる戻ってくる分を円や外貨で運用できるという点にも惹かれました。

 

もちろん、掛け捨ての医療保険と比べれば保険料はずっと高くなります。なので、この辺りが人によってメリット・デメリットとなるポイントになるんだと思います。

 

あ、因みにサラリーマンの方は国の制度に加えて「傷病手当」ってのが社保の中に入っているので、4日以上会社を休む場合には給料の3分の2を1年6カ月貰える制度もあるそうですよ

 

なのでサラリーマンだったら貯蓄が無くても医療保険いらないんじゃない?って思いましたが、その辺は一度プロに相談してみることをおすすめします。

 

私は上記の内容を聞いて医療保険ってバカらしいなと思ったので終身保険にしました。

 

 

 

医療保険の相談は保険のビュッフェをおすすめする理由

  • ファイナンシャルプランナーの質が高かったから
  • 自分では手間をかけずに比較できる
  • 地方でもすぐに予約・面談ができたから
  • 押し売りされることが無かったから
  • 何回相談しても無料だから
  • 商品券が貰えるから(現在はキャンペーン内容が変わっています)

 

私が保険のビュッフェを利用して良かったなと思ったのは、やはり担当FPさんの質が高かったからです。

 

もちろん、私が知らなかっただけで新しい商品が良いだけなのかもしれません。でも新しい保険もいろんな保険会社から出ているものを数社から比較して提案して貰えるのは保険会社の営業マンにはできないことです。

 

実際私も担当Nさんが提案してくれた3社以外で、同じタイプの終身保険を探してみましたが将来的に戻ってくる金額や保険料などはNさんが提案してくれたものが一番でした。

 

別にNさんを疑っていた訳では無いんですが、これはたぶん性格的な問題だと思います。でもそのこともあって、安心して契約することができましたよ。

 

保険のビュッフェの良いところは、万が一私が自分で比較して他の保険の方が条件が良ければそちらを選ぶことができるということです。

 

もちろん色々やってくれたNさんからその保険を契約できればベストですけどね?ただ、Nさんがその保険会社と提携していなければ仕方無いですからね。

 

あ、あとNさんが言っていましたが担当FPさんが提案できない保険についても相談は可能だそうです。一応、主要な保険会社の内容は頭に入っているらしくパソコンで調べながら相談で乗ることができると言っていました。

 

この時にメリット・デメリットという言い方は、Nさんが提案する保険への誘導となることがあるので出来ないそうで、あくまで保険の内容などをかみ砕いて説明するレベルということみたいです。

 

正直、自分で比較してみたので言えるんですが、比較は凄い面倒なので得意とするプロの方に丸投げしちゃった方が楽ですw