31歳自営業者が保険のビュッフェで学資保険の相談をした体験談

31歳自営業者が保険のビュッフェで学資保険の相談をした体験談

私は保険のビュッフェで学資保険の相談をし、「低解約返戻金型終身保険」に加入しました。

 

元々は学資保険に加入しようとしていたのに、なぜ終身保険を選んだのか?

 

現在31歳で昨年夏に子供が生まれた自営業が保険のビュッフェで学資保険の相談をした体験談をご紹介していきます。

 

 

「学資保険」と「終身保険」のメリット・デメリット

保険の種類

メリット

デメリット

学資保険

・貯蓄性が高い
・リスクが低く、銀行よりも金利がつく(返戻率)

 

・途中解約・引き出しが難しく元本割れする
・最近は元本割れする保険も多い

終身保険

・好きなタイミングで解約できる
・使用しなければ継続可能で返戻率も上がる
・死亡保障が大きい

・早期解約は元本割れ
・学資保険よりも受け取れる金額が少ないものもある

 

当初は「学資保険」を検討していた私に担当FPが教えてくれたそれぞれのメリット・デメリットです。(本当は他にもあったけどメインはこんなところだったはず)

 

一言でまとめてしまうと「学資保険」は計画的に貯蓄が苦手できっちり貯めていきたい人が向いている(返戻率が高いものを選べばプラスになって返ってくる)。

 

「終身保険」は好きなタイミングで解約できるので、必ずしも学費として準備しなくても今後ライフプランが変わる人にも柔軟に対応できる。

 

って感じで見れば良いと言っていました。で、これを私に当てはめて考えた場合…

 

  • まだ子供が増えるかもしれない
  • もしかしたら仕事が上手くいって生活費から学費を払えるかもしれない(個人的な希望…)
  • 妻の実家住まいの為、住宅ローンは無し
  • 学費分くらいの貯蓄はある

 

「学費分くらいの貯蓄」って部分がちょっと難しくて、国立なのか私立なのか?自宅から通うのか一人暮らしをするのか?などの条件によっても変わってきます。

 

国立+自宅なら4年で約500万、私立で一人暮らしなら約1200万円もかかるそうです。。(余談ですが、私立を出してもらった親に感謝しましたw)

 

基本的に全額分を積み立てる人は少なく、多いのは半分くらいを積み立てるケースだそうです。

 

31歳自営業者が保険のビュッフェから聞いた「学資保険」のイメージ

上記を考えると最悪のケースを想定した場合、大学4年間で600万円は用意しなければいけないことになります。(我が家から医大はムリ…)

 

聞くところによると学資保険って良くても返戻率110%程度なんだそうです。(加入の時期やものによってはもっと高いものもある)

 

600万円を18歳までに貯めようとすると…

600万円÷(12ヵ月×18年)=27,777円

 

返戻率が110%だとして…

27,777円ー10%=約25,000円

※計算方法は分からないけど、私の頭の中ではこんなイメージです。

 

つまり毎月25,000円ずつ支払って18年間で合計540万円払うと600万円になって返ってきますよ~ってことです。

 

なるほど、確かに銀行に預けとくよりもずっとお得ですね。ただ、最終的に私は終身保険に加入することにしました。

 

31歳自営業者が「学資保険」から「終身保険」にシフトした理由

私が「終身保険」に魅力を感じた理由

そんな中、私が終身保険に魅力を感じた理由としては下記のような感じです。

 

  • 私が死亡した時の保障は終身の方が大きい(月々の支払は高くなるが)
  • 大学進学時などに使わなければ老後の資金に回せる(返戻率も上がるタイプ)
  • 途中解約では元本割れするが死亡保障が付いた貯金と考えれば〇

 

担当FPさんはこの辺を無知な私にも大変分かり易く説明してくれました。もちろん、「学資」と「終身」どちらに偏ることもなくです。

 

保険料は上がるんですが、死亡保障が付いた貯金として考えれば18年で60万円増える学資保険よりも魅力を感じたんですね。

 

というか、私が生きている間は身を粉にしてでも働いて学校を出させてあげれば良いという考えです。ただ、もし私が死んでしまった場合は学資の支払いは死んだ時から無くなりますが600万円じゃ大学に4年間通えません。

 

だからといって全額の1200万円になる学資にすると保険料は月々5万円…。無理です。。

 

まだある!私が終身保険を選んだ理由

実は担当のFPさんからは「終身」も「学資」もどちらも提案を頂いていました。

 

共働き・実家住みということもあり(現段階では)収支にも余裕がある為とのことでした。

 

た・だ・し!

  • 妻の仕事はテナント料・従業員の給料などが発生していて、万が一店を閉めるとなってもある程度の期間は支払いが必要
  • 子育ての疲れもあってか現在は店や自分の仕事に対してあまり積極的ではないといったこともあり、いつ店終いするかも分からない状況
  • 元々入っていた終身保険の死亡保障が100万円…

 

いつまとまったお金が必要になるか分からないのが自営業の我が家です。もちろん、その為に貯蓄はしているんですが仕事はいつどうなるか分かりません。

 

万が一の病気に関しては「医療保険の相談は保険のビュッフェがおすすめ!実際に相談した感想」でまとめたように国の制度を使えば何とかなります。

 

ただ、私が死んでしまった場合、現在加入中の保険では死亡保障が100万円しかおりませんw

 

これは担当のNさんと面談する前に自分で加入中の保険証券を見直して分かったんですが衝撃(笑撃)でしたね。

 

独身時代に入った内容なのでまぁ仕方ないですが、妻から「あなた100万円分の価値しかないのねw」と失笑されました。

 

恐らく、私が死亡しても妻は自分の店を経営しながらやっていけるとは思いますが100万円じゃ葬儀代にもなりませんよね?

 

私が死んでしまった場合、妻が65歳になるまで生活費だけでも3000万円はかかります。

 

内訳はNさんに教えて貰ったんですが、こういった説明があるからこそリアルに自分の保険に何が足りないのか?というのがハッキリと分かりました。

 

私の場合、圧倒的に死亡保障が足りないと感じました。

 

 

 

【これが一番大事!】私が保険のビュッフェで「学資保険」の相談をして良かった5つこと

  • 良く分からない・変な保険に入らずに済んだ
  • 自分の頭を整理しながら必要な保険を選択・加入できた
  • Nさんが言葉にならない部分もくみ取って必要な保険を提案してくれた
  • 自分にメリットが無いと感じたら保険に入らなくても良い
  • 担当Nさんを信頼できた

 

良く分からない・変な保険に入らずに済んだ

実は私、保険のビュッフェに無料相談する以前からずっと医療保険に入っていたんです。

 

まだサラリーマン時代に職場に来た保険営業のおばちゃんで、人が良いこともあって自動車保険なんかも全部おばちゃんに任せていました。

 

今でこそなんでこんな保障内容なんだろう?と思いますが、独身当時はこれで良いと思っていたんでしょう。

 

正直、保険料は上がりましたが家族を持つ身として本当に必要な保険を選ぶことができました。

 

自分の頭を整理しながら必要な保険を選択・加入できた

Nさんと、現在の自分の状況や今後のライフプランなどを話していく中で自分にどんな保障が必要なのか?適しているのか?どこの保険に入るのが良いのか?

 

といったことをNさんが親身になって探してきてくれました。そして保険会社それぞれのメリットやデメリットなどを説明してくれたので

 

自分の頭を整理しながら今の状況に合った保険を選択することができました。

 

Nさんがが言葉にならない部分もくみ取って必要な保険を提案してくれた

流石はプロですね、こちらが言葉でうまく表現できないような保障内容などについても「こういうやつですよね?」「こういうことですか?」と私の頭の中を必死に考えて頂きましたw

 

保険って頻繁に見直すものではないし、どんどん新しい保険が出るので正直私は全然知識が無い状態だったんですが担当FPさんのお陰で頭の中にあるざっくりとしたイメージも具体的にお話しすることが出来ました。

 

自分にメリットが無いと感じたら保険に入らなくても良い

私の場合、たまたま入っていた保険内容に問題があったので乗り換えましたが、万が一提案してくれた内容にメリットを感じなければ保険に入らなくても良いというのが無料相談の良いところです。

 

「何度も来て貰ったのに悪いな」と思う気持ちもあるかもしれませんが、Nさんいわく「保険って本当に高い買い物なので、無理をしてまで入るものじゃないです。他に〇さんが良いと思う保険があったらそちらを選んでください」と言っていました。

 

実際、私は保険料が上がりましたが、万が一の時・老後を考えた良い保険を選ぶことができたので正直満足いています。

 

担当Nさんを信頼できた

面談を進めていく中でNさんは自身の話しも織り交ぜながら話しをしてくれたんですが、以前は保険会社で営業をやっていたそうです。

 

その時は自社の保険しか紹介することができずに、本当は相談者に合った保険は別の会社の保険なのに自社の商品を強引に良さをアピールして紹介していたそうで、日々ストレスを感じていたそうです。

 

現在は「あんしんFPパートナー」に所属し、単身で上田にいて妻には悪い気持ちもあるが仕事がとても楽しいと言っていました。

 

たまたまNさんがそういう人で良かったんですが、Nさんの周りも似たような境遇の人が多いそうで皆さんエネルギッシュに働いているそうです。

 

「きれいごとを言っているようには聞こえてしまいますが、契約の有無よりも相談に乗ってくれた人から【ありがとう】と言って貰えるのが何より嬉しいです」と言っていました。

 

こういう人が多い会社は信頼感がありますよね、実際保険のビュッフェはFP紹介サービスとしては比較的新しい会社なんですが提携FPの継続年数はどこよりも長いんです。

 

これはやる気があったり、相談者との関係を大切にしている方が多いというようにも取れますよね。

 

保険って時代に合わせてどんどん新しい商品が出るので、今入っている保険よりも良い特約や安くなることがあります。とりあえず軽い気持ちで相談してみてはどうでしょうか?